« メッセージ「苦悩に応える主」 | トップページ | 旧約における主の御心 »

2009年8月26日 (水)

聖書を開いたままに

Pt340009列王記下を読んでいる。6章から7章へと進む。その中で捕囚前の混乱したイスラエルの様子を見た。アラムの軍勢が敗退し捕虜になっている。
  
6:21 イスラエルの王は彼らを見て、エリシャに、「わたしの父よ、わたしが打ち殺しましょうか、打ち殺しましょうか」と言ったが、
6:22 エリシャは答えた。「打ち殺してはならない。あなたは捕虜とした者を剣と弓で打ち殺すのか。彼らにパンと水を与えて食事をさせ、彼らの主君のもとに行かせなさい。」
6:23 そこで王は彼らのために大宴会を催した。彼らは食べて飲んだ後、自分たちの主君のもとに帰って行った。アラムの部隊は二度とイスラエルの地に来なかった。
  
旧約の時代、既に食事の持つ大切な働きがこうして記されていることに驚く。イエスも弟子たちと食事を共にし、また貧しい人たちを食事に招いている。
  
今朝もこうして主の世界を知ることができた。聖書を机上に 開いたままにしよう。

|

« メッセージ「苦悩に応える主」 | トップページ | 旧約における主の御心 »

「信仰」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« メッセージ「苦悩に応える主」 | トップページ | 旧約における主の御心 »