« 99匹の羊 | トップページ | ノムさん大好き »

2009年7月 8日 (水)

ハンディキャップの語源

Suwako_hukurou 長い旅の道中、博識のS牧師は道々見える山や川、沿道の町についてお話しくださった。濃尾平野から岐阜へ、やがて関が原を過ぎ、京へと続く道は歴史上の数々の人物を生んだのだった。景色が変わるたびに聞く逸話は長いたびをまったく飽きさせなかった。
そんな話の間にハンディキャップの語源の話が挟まった。ハンディキャップとは文字通り手(ハンド)にキャップを付ける、すなわち手袋をはめることなのだそうだ。闘いの劇においてのことなのかどうかは聞き忘れたが、力の弱い相手と対等な立場になるために強いものが手袋をはめて相手に負わせる痛手を軽くすのだという。
ゴルフで強いものが幾つかのハンディをつけてまだ力のないものと試合をするのと同じやり方である。
こうしてみるとハンディキャップは負の要素ではなく、思いやりの手法なのだった。

|

« 99匹の羊 | トップページ | ノムさん大好き »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 99匹の羊 | トップページ | ノムさん大好き »