« しばらくぶりの更新 | トップページ | ヒカちゃんとサンタ »

2009年7月31日 (金)

女の買い物

教会の友、この方も既に定年を迎えている人だが、と「女の人は買い物が長いんだよね」とかつて話し合ったことがある。ちょっとした買い物でもいったん店に入るとなかなか出てこないことをお互い愚痴ったのだった。
家内が健在の時、大きな買い物や、多量の買い物があると、「ちょっと行って」、とよく頼まれたものだ。初めのうちは何度かわたしも店内に入ったが歩くのが大変になってからは車の中で待つことが多くなった。そうすると20分、30分待たされることが頻発するようになってきた。あまり出てこないので、店内で具合が悪くなったのではないかとか帰ってしまったのではないかとまで思うことさえあった。
家内はそんな私の心境など気遣うこともなく平気な顔で戻ってくる。夏には店内で汲んだ冷水を紙コップに入れて持ってきてくれた。だが、待たされた者の気持ちはそんなことでは収まらない。不満の1つも言いたくなるのだが、不機嫌な顔をしても気付く人ではないから車を急発進してうっぷんばらしをしたものだ。
その家内もいなくなった。今になって思うに、あの何もしないで車の中で横のなっていた時間がわたしの生活にゆとりを持たせていたようである。あんなに不機嫌にならずにのんびりと待ってやればよかったと後悔する。

|

« しばらくぶりの更新 | トップページ | ヒカちゃんとサンタ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« しばらくぶりの更新 | トップページ | ヒカちゃんとサンタ »