« 入院生活の疲れ | トップページ | 主が造られたわたしの体 »

2009年5月31日 (日)

専門士としての看護師

入院するとまず看護師の聞き取り作業がある。患者についての情報を得、看護に万全を期すためだろう。
今回も同様だった。その席で私は以前入院した際、不安が襲ったとき看護師に少しでも傍らにいて欲しかったが看護師は眠りを誘う注射で処理してしまったと告げた。
聞き取りにかかわった彼女は2、30代であろう。このN・Mさんが私の担当看護師になった。思うに、彼女は専門家として、過不足なく看護をしてくれたのだ。
1つ例を挙げる。手術が終わった夜、尿が出にくくなった。膀胱を漏れてくる尿が、染み出るように常時排出されるといった様子だった。尿瓶を当てても直ぐにまた尿意を感じる有様だった。
気が付くと腹部が大きく腫れていた。看護師は導尿しましょうかと言った。もう恥ずかさなどを問題にする場合ではなかった。
彼女はカテーテルを持ってきて、挿入した。その際予期せぬことが起こったのだが、彼女は無表情に当然のごとく処理を進めた。多少の痛みを感じたがカテーテルは体内にもぐりこんでいったらしかった。「おしっこが出てきました。いっぱい出ています」。平静に彼女は言った。
しばらくして見せてくれた尿瓶には入り口までも尿が一杯になっていた。私の衣類を整えた看護師は尿瓶を持って「何かあったらいつでも呼んでください」と言ってカーテンを閉めて去っていった。

|

« 入院生活の疲れ | トップページ | 主が造られたわたしの体 »

医療」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 入院生活の疲れ | トップページ | 主が造られたわたしの体 »