« 復活の喜び | トップページ | 悼む言葉からの出発 »

2009年4月13日 (月)

和服と車イス

 昭和40年の頃担任したTさんからメールをもらった。その当時中学生だったからもうなかなかの歳である。だが積極性は見上げたもので、私はメールをもらうごとに自分の生活のひ弱さを思い知らされるのだ。その文章と私の返事。
 
Tさんから
 半袖でも居られるくらい、イイ陽気になりましたが、お元気ですか???
ちゃんと食べていますか??一人でも食事はとるように~。食べたくなくても少しでも口の合うものを食べた方が良いですよ。私も一人になってから、暫らく食べたくなくて、何を作ればいいのやら解らない時期があったんです。
 
下の子が居た頃は子どもに合わせて作っていましたので、一人になって一人ってこういうことなんだな~~~~と改めて知りました。
 
先生、しっかり食べた方がいいですよ。
 
この間、近所の奥様たちと高輪の駅前にあるホテルにお花見に行ってきました。満開時期でしたので素晴らしいかったですよ。それにもまして私はちょっとおしゃれをして和服で行きました。
 
車椅子で和服??でも車椅子に乗っているからこそ、和服って発想ができたのです。歩ける時は逆に着物なんて重たくて歩けない、って思っていました。娘の結婚式にも和服でした。
 
でも、車椅子に乗っているだけでも目立つのに、着物を着ていると電車の中でも視線を感じました。
 
お正月の(同窓会の)幹事会にも着物で行きました。みんな一応驚いていました。でも、最近歳を追うごとに着物って良いな~って思うようになりました。おてんばさんでもおとなしく見えますもの。ウフフフフ。

返事

 いつも明るい話題をありがとうございます。
 
和服を着て出かけるなんて素晴らしいですね。車イスで和服を着ていると裾や袖がどんな具合かなと気になりますがきっとうまくいくんでしょうね。
 
それにしてもあなたの積極性には頭が下がります。1人で生活しているとエネルギーも生活範囲も収縮一方になります。でもあなたはその逆を行く、わたしも学ばなきゃいけませんね。
 
今日はいい話をありがとうね。

|

« 復活の喜び | トップページ | 悼む言葉からの出発 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 復活の喜び | トップページ | 悼む言葉からの出発 »