« 臓器移植法案 | トップページ | 妻との再会 »

2009年4月27日 (月)

車イス収納装置

Big  ようやく車イスを自動車に他人の手を借りずに載せられることとなった。
 妻 がいつも同道してくれて病院でも買い物でも車イスを載せ降ろししてくれたのだが1人になってからはそれが出来ないのが悩みの種であった。
 股関節が脱臼してしまい、車で床屋の駐車場に着いてもそこから杖で歩くことが難しい。先日は教会の友に頼んで我家で髪を刈ってもらうことになった。通院もいつも姉の手を煩わさざるを得ない。
 車イスで店に入れば、床屋さんの椅子よりもかなり低い位置でマスターもやりにくいだろうが、そのまま髪を刈ってもらえる。頻繁に行かねばならない歯科にも行くことができよう。
  車に取り付けた装置はAUTOBOXというものだ。車イスから降りて私は運転席に座り、ボタンを操作するとルーフに取り付けた装置からベルトが降りてきて車椅子を持ち上げ屋根の上に収めてくれる。降りる時も同様にスルスル と車イスが運転席の脇に下がってくるというわけである。
 この装置に決めるまでには車イス収納装置がある自動車を捜したりパーツに分解できる車イスを収納する体験をしたり、自動車工業会に問い合わせをしたりとあれこれ試みた。結局今の車がまだ使えること、収納装置付きの車は高額なこと等あってAUTOBOXに落ち着いたわけである。
 高 額な買い物であることには違いないのだが生活が広がることを優先し、良しとする。

|

« 臓器移植法案 | トップページ | 妻との再会 »

「障害のある生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 臓器移植法案 | トップページ | 妻との再会 »