« 下着を替えるとき | トップページ | 復活の喜び »

2009年4月 9日 (木)

定例句会

はらからの温もりの味蓬餅        いく
煮こぼれるものの匂える春隣      ようこ
四月馬鹿ついた嘘に悩みけり  悠歩
そり返る小米桜や垣の外       ひさい
土塊を素手で掴むや春惜しむ   ひさい
新聞の隅までも読み春惜しむ  ようこ
惜春や友は遠くに越してゆき   いく
君までが帰ってしまうか春惜しむ  悠歩

ご馳走一杯の和やかな会であった。

|

« 下着を替えるとき | トップページ | 復活の喜び »

「俳句」カテゴリの記事

コメント

お久し振りですsmilenotes
私は『煮こぼれる』の句がお気に入りになりました。
さすが花より団子。食いしん坊の私なのです…riceball

blogに春の写真を載せてみました。
お時間があったらどうぞおいでくださいapple

投稿: ひなりんご | 2009年4月12日 (日) 14時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 下着を替えるとき | トップページ | 復活の喜び »