« 残る人生、何をなすべきか | トップページ | 娘との一日 »

2009年3月13日 (金)

そけいヘルニア

そけい部に最近違和感がある。左に比べて右の下腹部が盛り上がっている感があるのだ。右側は麻痺がないから力も入る。それゆえ筋肉もついているのかとも考えたが、どうも筋肉ではないらしい。
力を入れて立ち上がると小さなおはぎでも入っているようになってきてしまった。昨日ネットで調べるとヘルニアらしいことがわかった。そうとなると気になってしかたがない。
天気予報が外れて午前中は雨にならなかったので姉に付き添ってもらって病院に行くことにした。
以前は恥部をさらすことに大変な抵抗感があって下半身の診療科にはかかれなかったが、今はそんなこともなくなった。看護師さんに手伝ってもらってパンツを下げ、診察を受けた。
間違いなくそけいヘルニアだとの診断。治療は手術しかないそうだが、ただ、痛いとか気になって仕方がないのでないならば今すぐに手術はしなくていいとのこと。
一安心である。
加齢は多種多様の病気をつれてくるものだ。

|

« 残る人生、何をなすべきか | トップページ | 娘との一日 »

「心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 残る人生、何をなすべきか | トップページ | 娘との一日 »