« 信仰の書 | トップページ | 介護保険は契約保険 »

2009年2月 3日 (火)

一日の課題

9時前に家を出て病院に向かう。途中、姉の家に寄り、同道してもらう。病院で車イスを降ろしてもらってまずは整形外科に掛かる。股関節の痛み、手術等の処置はとりようがないので薬で対処することにした。下肢の骨頭が本来納まるべきところからずれている。レントゲンフィルムが示されたら写真を撮るつもりでカメラを持参したが、コンピューターの画像になっていて目的を達成できず。手術や検査入院にならず内心ホッとする。続いて眼科。6か月の定期検査。問題なし。左目は未だ白内障が手術の必要段階にない。帰り、姉にコンビニで昼食を買ってもらう。いつものごとくお金は姉が払う。姉は私を家族のように思っているのだろう。家に帰り、昼食を済ませて、電動車椅子で郵便局へ。現金引き出しと通帳記入を行う。現金はママの弟の結婚祝いのため。薬局にも寄って処方された薬をもらう。薬局のかつての主人は私の父のよき友人だった。そのためか、その息子さんの奥さんが親しく接してくれる。先日「母の背、友の背、イエスの背」を差し上げたら、その本は今、魚屋の奥さんのところに回っているとのこと。これらすべてを済ませて、今3時。まだ、朝刊を読んでいない。

|

« 信仰の書 | トップページ | 介護保険は契約保険 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 信仰の書 | トップページ | 介護保険は契約保険 »