« バカ足 | トップページ | 泣く者、苦しむ者、あなたは幸いだ »

2009年1月23日 (金)

we are the world

伊藤博先生がニューカウンセリングワークショップの中心的役割を果たしていたころエクササイズの合間にはよく参加者皆が車座になってWE ARE THE WORLDという歌を歌ったり、ビデオを見たものだ。

今日は手元にあるそのDVDを取り出して音量を上げ、32インチTVで楽しんだ。

この歌はアフリカ系アメリカ人の有名な歌手がテレビでエチオピアの飢餓状態を見て、その惨状に心を痛め、歌手仲間に呼びかけ、アフリカの飢餓、内戦、旱魃などで苦しむ人々援助のために作ったものだ。レイチャールズ、スティービーワンダー、マイケルジャクソンなど大勢の有名歌手が、we are the world, we are the childrenwe are the ones who make a brighter dayso let's start giving と個性豊かに歌い上げている。この歌はたちまち全米のTVやラジオで流され、その収益がアフリカに送られたのだった。

アメリカでは大統領がアフリカ系のオバマさんになった。この人たちは人の魂に訴えるメッセージを持っている。それは長い苦しみの中で醸成されたものかもしれない。

今日は20年ほど前のニューカウンセリングを思い出し、体内に残るエネルギーを見詰めなおす日となった。

|

« バカ足 | トップページ | 泣く者、苦しむ者、あなたは幸いだ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バカ足 | トップページ | 泣く者、苦しむ者、あなたは幸いだ »