« 永眠者記念礼拝 | トップページ | 障害を持つ者と車イスと自動車 »

2008年11月 3日 (月)

フランク永井さんが亡くなったよ

皆出かけてぼく一人。ヒカちゃんはサッカーの試合で新町の公園に7時前に出たし、ハルちゃんはテニスに行っちゃった。
今日は曇っていて寒い日だよ。キ障協のことが心配だからこの後S先生に機関紙の編集や会計人事がどうなったか手紙を書こうと思う。
君の亡くなったことを知らないでOさんが音楽会の切符を二枚送ってくれた。添えられた手紙にはおかあちゃんに助けられたから子育てが出来たということが書かれていたよ。君はこうして皆に手を差し伸べていたんだね。そのうちこの手紙をお許しを得て発表するからね。
今朝ベッドでテレビを見ていたらフランク永井が亡くなったことを流していたよ。自殺未遂をしてからはその後のことは報じられていなかったから、どうしているのかね、と2人で話題にしたことがあったね。ぼくは忘れん坊だけど君は古い歌をよく覚えていて、高い音域までけっこう上手く歌えたんだよね。フランク永井の歌は低音の魅力だったから僕も声が切れることはなかったけど。
こんな話題は若いものには通じないのでこんなところに書いちゃった。
じゃ、仕事にかかるからこの辺で。またね。note

|

« 永眠者記念礼拝 | トップページ | 障害を持つ者と車イスと自動車 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 永眠者記念礼拝 | トップページ | 障害を持つ者と車イスと自動車 »