« 相続預金などという厄介者 | トップページ | 死を肯定できる恵み »

2008年11月14日 (金)

インフルエンザ予防接種

昨年のブログを見ると11月7日に接種を受けたとある。その日は妻に車イスを押してもらって周囲の景色を眺めながら医院までの道を歩んだのだった。
今日は一人、電動車椅子に乗って入り口にスリッパが乱雑の置かれていたらどうしようなどと心配をしながら出かけた。
幸い患者は皆履物を下駄箱に入れていて玄関はすっきりしていた。御飯を食べ、巡回してくる灯油販売のおじさんにタンク一杯(73ℓになった)に入れてもらってから、家を出たのだが、帰ってみるともうこの時間、11時半を過ぎてしまった。
家から車イスで10分ほどの距離にあるこの医院には風邪などの時掛かるだけなのだが、今年は一度も行かなかった。妻の病気に時間も心も遣いきった一年だったので、自らに病が襲うことも回避できたのだろう。
風邪で寝たら子どもたちに面倒をかける。元気に冬を過ごしたいものだ。

|

« 相続預金などという厄介者 | トップページ | 死を肯定できる恵み »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 相続預金などという厄介者 | トップページ | 死を肯定できる恵み »