« 障害を持つ者と車イスと自動車 | トップページ | 目を上げて »

2008年11月 6日 (木)

妻はこんな人

かつて同じ公務員宿舎に住んでいたOさんから音楽会のチケットを送っていただいた。わたしと妻宛になっている手紙と共に。
手紙には近況が書かれ、娘さんのことにも触れられていた。妻の人柄を表すよい文章なのでここに紹介させていただく。
  
「Y子は千葉市で4歳と2歳の姉弟の子育てに明け暮れる毎日です。ときどき私もお手伝い行きますが、『お母さんはおばあちゃんが佐渡から駆けつけてくれるわけにはいかなかっただろうに、どうやってお兄ちゃんと私を育てたの・・・』と聞かれるたびに『Sさんが助けてくれたの。身近に心底から頼りにできる人がいて、私を支えてくれたんだよ。』と話すと『Sさんのような人がこのマンションにも住んでてくれれば・・・』と孫たちと接するたびに常盤台時代を懐かしく、そしてSさんご一家のあたたかさを思い出します」。
 
お返事に妻の召天のことを書いたのだが、Oさんには申し訳ないことだった。きっと戸惑われたに違いない。

|

« 障害を持つ者と車イスと自動車 | トップページ | 目を上げて »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 障害を持つ者と車イスと自動車 | トップページ | 目を上げて »