« 低料第三種郵便制度への誤解 | トップページ | ヒカちゃんの俳句 »

2008年11月27日 (木)

一段落

歯の治療が一段落した。ほんわか嬉しい感じである。
最初に掛かったのは2月だった。奥歯の一部が欠けて舌に当たって痛くてたまらない、そんな状態で歯科に駆け込んだ。
それから10ヵ月。妻の病状が緊急を要する時だけは行かなかったが、2週に一度の割で通院した。以前も書いたかも知れないが病院内の歯科なので、車イスでレントゲン室にもトイレにも不自由なくいけたことがよかった。
右奥歯の上下をブリッジにする治療を受けるのにこれだけの時間を必要としたのだ。同じ町に住んでいる姉がいつも付き添ってくれて、病院での車イス介助をしてくれたお陰である。
歯の治療は診察台に寝ているときに医師が来るのでよく顔を見ることができない。治療中はなおさらのことだ。だから、治療が終わった時、そのことをホッとした気分のなかで言ったら、「こんな私です。覚えておいてください」と丸顔の眼鏡をかけたクリクリする女性に挨拶された。いつもていねいな言葉をかけてくださった落ち着きのある先生のイメージとはちょっと違って面白かった。

|

« 低料第三種郵便制度への誤解 | トップページ | ヒカちゃんの俳句 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 低料第三種郵便制度への誤解 | トップページ | ヒカちゃんの俳句 »