« そこが空っぽになる | トップページ | 孫の俳句 »

2008年10月28日 (火)

山口薫展

08102811img_082508102812img_0827秋の空気の中に赤城山や榛名山がくっきりと姿を見せる今日、群馬県立近代美術館に山口薫展を見に行った。昨年秋に山梨県立美術館に行ったとき以来の美術鑑賞である。
群馬県民の日とあって紅葉のきれいな群馬の森は大勢の人が訪れていた。美術館は空いていると思ったのだがここもかなりの人であった。
山口薫の絵画は最後まで具象を根底において描かれていたので親しみやすく好感の持てるものだった。群馬の自然や人を愛し、そこから与えられる力を基に製作されたものに違いない。
従兄弟のHちゃんの助けを借りて、鑑賞を終え、付随するレストランで昼食をいただいた。外の広場ではめいめいに日向で遊ぶ人たちがのんびりと時を過ごしていたが、私たちはほんのり甘いコーヒーを最後に味わって帰途に着いた。
よい秋の日であった。 

|

« そこが空っぽになる | トップページ | 孫の俳句 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« そこが空っぽになる | トップページ | 孫の俳句 »