« 句会とご馳走 | トップページ | 外へ »

2008年9月 7日 (日)

涙の出るとき

礼拝に出席出来て感謝。教会に着くと必ずどなたかが車イスを持ってきてくださる。最近股関節の痛みが出ているので車イスを出してくださるのは本当にありがたい。
  
第一主日だったので聖餐にも与ることができた。イエスがパンを割き、血を流したことを覚え聖餐をいただき、その後讃美歌、主よ御許に近づかん、を歌っているとなぜか涙がこぼれてしかたなかった。
  
昨日は大学の友人が手紙をくれた。妻の亡くなったことをしらなくて申し訳ありませんでしたと書いてきた。私が気落ちしているのではないか、と妻と一緒に友人たちの集いに参加したときの様子を思うと痛感するとも言っていた。
こんな優しい言葉に接するともうたまらなく涙が出る。
 まだまだしかたないのかもしれない。
 
教会から帰るとき、朝と違う兄が車まで車イスを押してまた援助してくれた。その兄は動きの鈍くなった私の足を持上げて車の中に入れることまでしてくれる。感謝である。(≧∇≦)

|

« 句会とご馳走 | トップページ | 外へ »

「信仰」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 句会とご馳走 | トップページ | 外へ »