« 新島学園への夢 | トップページ | 雨が降って外に出られない »

2008年9月30日 (火)

負けず嫌い

ヒカちゃんは負けることが嫌いである。勝負事が大好きだが負けることは大嫌いなのだ。
児童館から帰ると家には私しかいないから遊び相手は自ずから決ってしまう。
ヒカちゃんはオセロ、将棋、挟み将棋、将棋崩し、トランプなど何でもできる。
最近将棋を覚えたのでまだ駒の動き方は全部理解しているわけではないのだがそれでもやりたがる。角や飛車を落として対戦しようか、と私が言うと自分の弱さを認めることになるこの方法は許さない。
さて、対戦が決って、始める。だがどうしても戦局はヒカちゃんの不利になる。そうすると途端に不機嫌になるのだ。王様の近くに歩を張ったりすると「何でそんなところに貼るん」と文句を言う。もうすっかり笑顔は消えている。王の逃げ道がある場合はいいが、なくなると怒って、銀を横に動かしてわたしの駒を取りにかかる。銀はそっちには行けないよと言っても、じいちゃんはそんなこと教えなかった、と頑として聞かない。
最後はじいちゃんなんか嫌いだ、となるのが落ちである。
次男や次女はどうしてもこういう性格になるらしい。実は私が子供のときそうだった。弟と将棋をやって負けそうになると駒を放り出したものだ。だから弟は私と勝負事はしたがらなかった。
ヒカちゃんの場合、6年生の姉がテニスで注目され、父親の厚い保護を受けていることも関係していよう。姉は先日M市の中学生テニス大会で優勝している。夏にも昭和の森公園の大会で優勝した。ヒカちゃんも自己を主張しなければならない。負けてはいられないのだ。

|

« 新島学園への夢 | トップページ | 雨が降って外に出られない »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新島学園への夢 | トップページ | 雨が降って外に出られない »