« 一日をどう豊かにするか | トップページ | 天に一人を増しぬ 納骨式終わる »

2008年8月22日 (金)

納骨式を前にして

明日は納骨式である。天に送る葬送の式を終えもう7週間が過ぎた。納骨式を終えると地上の式の一区切りだ。
天に召された妻は神様にお任せして、私たちは何も心配する必要はない。祝福に満ちた日々を送っていることだろう。
それに比して地上の私を初め子どもたちはまだ妻の死を現実的にとらえられないでいる。お母ちゃんが病院の階段を下りてくる夢を見たよ、と先日息子がメールをくれたのだ。
どうぞ私たちを悲しみの淵から救い出してくださいと神に祈る。また、周囲の方にどうぞ支えてくださいとお願いしたい。
  
納骨式後市内のホテルで「記念会」を持ち、親戚の者の食事会を行う。この段取りも全部私が行った。冠婚葬祭には古いしきたりがあるから難しさもなるのだが、無難に終わって欲しいものだ。
  
今朝は明日着る洋服の試着をし、ネクタイ選びなどをした。あれこれ新しいことをこれからはやらねばならない。

|

« 一日をどう豊かにするか | トップページ | 天に一人を増しぬ 納骨式終わる »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一日をどう豊かにするか | トップページ | 天に一人を増しぬ 納骨式終わる »