« 魚と蒲団 | トップページ | 神の前での要介護度 »

2008年7月30日 (水)

葬儀のこと

 妻和子の葬儀は8日正午から大勢の列席者を得て行われた。その次第は以下のようであった。
  
 前 奏 (黙祷)
 讃 美  493
 聖 書
 祈 祷
 讃 美  522(故人愛唱)
 聖 書  新約聖書 ヨハネによる福音書 1416
      (故人の略歴)
 説 教
 祈 祷
 讃 美  434135
 頒 栄  27
 祝 祷
 後 奏  (黙祷)
   
   (挨拶)
   
   (飾花)

 讃美歌522は個人愛唱と書かれているがこれは私が妻の讃美歌を開いて拾い出したものである。そこにはしおりが挟まっていたので選んでもよいと判断したのだ。

 この歌には世の宝も富も有名な人になることも人の褒めることばもまたいかに美しいものもキリストには替えられません、とある。この方が私に代わって死んだゆえに替えられないと主を讃えている。その人に生かされて、また召されて妻は旅立ったのである。

 説教でも牧師は天にあって妻はいつものように元気に礼拝を捧げているのかもしれない。
 病院に訪ね、そこで祈ったとき神様はかけがいのない存在として一人一人を造ってくださったのだから和子さんもその一人としてお造りになり、命を与えたことを信じていた。
 神は全てを知っておられ、導く方であるから、神様の平安の許にこの姉妹を置いてくださっていることを信じるとおっしゃった。
 妻は歩むべき道を歩み終え神の元へ召されたのだった。

 最後に前夜と同様挨拶をしなければならなかった。でも同じことを言うわけにはいかない。私はこう挨拶した。

 一言ご挨拶をさせていただきます。
 妻和子は7月5日午後10時25分地上の生活を70歳で終えまして神様の下へ帰ってまいりました。この70年のうち42年を姉妹は私と共に生きてくださり、職場の生活、また子供たちとの家庭での生活あるいはまた教会生活を一生懸命に支えてくれたのでありました。私がなにがしかの業を今日までに成し得たとすればその半分はこの妻和子のものであったということができると思います。
 この和子を天に送ることはこの上なく寂しいことでありますが神様が与えてくださったものを神様がまた召されることは神様のご意志でありますのでそれに従わねばなりません。
 今日この旅立ちの式にこのように大勢の皆様が遠路、お忙しい中ご列席くださいましたことに対して心より御礼を申し上げます。ほんとうにありがとうございました。皆様の上にも神様の豊かな恵みがありますようにお祈り申し上げます。

 ありがとうございました。
  
 マイクを持ち、人の前に出ると声が詰まりながらもなんとか挨拶をし終えることが出来るのは長い職歴のせいであろうか。ともかくも無事に終えてよかった。

 この後、棺と共に私は妻の写真を胸にしっかり抱いて火葬場へと向かった。

|

« 魚と蒲団 | トップページ | 神の前での要介護度 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 魚と蒲団 | トップページ | 神の前での要介護度 »