« 負担をかける存在 | トップページ | 看護 »

2008年5月31日 (土)

痛みよ去れ

Img_0758 昨日は午後2時から消灯時間が過ぎるまでベッドサイドで過ごしたのだが、妻の言葉はわずかであった。痛みのために体の位置をずらしたり、足を曲げ伸ばしたり、ベッドの上げ下げを繰り返すだけの時間だった。

痛み止めを飲むように勧めても応じない。空を見つめる瞳は何を考えているか知れない妻。

一昨日興奮状態にあって、「早くして」「家に帰る」を連発したというので、昨日の朝こころを鎮めるために風呂に入れたという。その後胸のレントゲン写真も撮った。こうしたことがまた妻を疲れさせたのかもしれない。

雨で外に出るのが危険のため牧師に援助を求めて病院に連れて行ってもらった。牧師は毎日のように耳元で聖書を読み、祈ってくださる。外なるものは滅びても内なるものは永遠に生きる、主に救われている私たちはいかなる時も主の御心のうちにある、こうしたことを祈りは確認させる。その確かさに安堵しつつも、妻の手を撫で、骨が直に触れられるようになった足をさすっていると再び家での味のある生活は戻らないことを認めざるをえず、せめて痛みが去って欲しいと願う。
写真は妻の古い友人SSさんが送ってくださったものだ。数年前に脳梗塞で利き手が不自由になったが反対の手を用いて聖句を盛り込んだ絵を描いている。
今の妻に聖書を持っていって読んであげることは難しいが、こうして聖句を絵と共に見せられることはありがたいことだ。この葉書を妻の枕下に置いている。

|

« 負担をかける存在 | トップページ | 看護 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 負担をかける存在 | トップページ | 看護 »