« 朋有り遠方より来る | トップページ | ひと時の家庭 »

2008年4月 5日 (土)

いる人がいる

妻が一日の外泊を許されて帰ってきた。自動車からおぼつかない足で階段を上って玄関に姿を見せたときには特別の人が登場したようにわたしには見えた。
今までごく当たり前にやっていたことをすぐに始めたのだがその一つ一つの行為がなぜか今日は新鮮に映る。お茶を飲み、菓子の袋を開け、伊予柑をむく。テーブルの上の片づけを始める。息子が気を利かせて居間の中まで連れてきたライアン(犬)が忘れずにジャレついたこともうれしそうだった。どれもこの二ヶ月しなかった、できなかった行為であった。
まだ食欲がないらしくラーメンをほんの少し食べただけだが、そのうちにやって来た仙台の大学で教鞭をとっているわたしの高校の友人とも話し始めた。東京から三男も駆けつけた。
こうしてひとしきり痩せた体で、細い声でふるまっていたが、友人や息子が帰るとベッドに入った。今見に行くと寝息が聞こえる。少しの間だが家のよさをゆっくり味わったらいい。
  
友も来年の3月には職を辞するという。わたしたちを気遣ってよくぞ今日は来てくださった。ありがとう。

|

« 朋有り遠方より来る | トップページ | ひと時の家庭 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 朋有り遠方より来る | トップページ | ひと時の家庭 »