« ライアン、哀れ | トップページ | こころみに会わせず »

2008年3月 3日 (月)

病室で祈る

二日続けて行かなかったから今日はどうしても行かねばならなかった。一昨日は息子が二人東京から来てくれたし、昨日はばあちゃんにもらったお金で自転車を買ったことをヒカちゃんはママと一緒に報告に行ったから一人にしておいたわけではないのだが、やはりわたしも極力会いに行きたいのである。
雨が心配なので早めに行った。光が目にうっとうしいと言って左目の上にタオルを乗せていたが案外元気だった。食事はあまり取らないようだ。しばらく病室のことや家のこと教会のことを話して別れてきた。
別れ際、祈りを捧げた。二人で祈るのは4週間ぶりのことである。
病気の性質や経過、地方病院の能力を思うと祈りを捧げていてもどこかに治癒への限界を感じつついるのだが、最近は主の力、恵みを優先して祈れるようになった。疑わず祈る、これが信仰だろう。

|

« ライアン、哀れ | トップページ | こころみに会わせず »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ライアン、哀れ | トップページ | こころみに会わせず »