« イースター、おめでとう | トップページ | 司会者の祈り 復活節 »

2008年3月27日 (木)

洗髪

ベッドが空だったのでリハビリにでも行っているのかと思っていたら髪をぬらしたままの妻が看護師に付き添われて現れた。入浴をしたという。
ベッドに戻ってドライヤーで乾かすとさっぱりした顔の妻になった。元気そうである。
朝晩の痛み止めは使用しているというが辛い痛みもなく、食欲も出てきている。トイレにも車イスで行けるし、必要があれば立ち上がることもできる。
2回目の抗がん剤使用の副作用は今のところ特になさそうである。
頼んだものを的確に持参してくれない不満を小さな声で早口にしゃべりとおす癖は相変わらずだがしゃべる意欲もなく空を見詰めているよりよっぽどよい。

一緒に行った姉はベッドが空だったときにこまめに整えたタオル類を洗濯機で洗って、乾燥機に入れたりし、昨日もたくさんの介助をしてくれた。
わたしが小学校一年のとき高等科一年生だった姉である。76歳のはずだ。戦時下、登校には姉の転がす自転車の荷台に乗せられたのだったが、今またこうして病院にいつも同行してもらっている。肉親のありがたみを痛感する。

|

« イースター、おめでとう | トップページ | 司会者の祈り 復活節 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イースター、おめでとう | トップページ | 司会者の祈り 復活節 »