« 泣くな、chacchan | トップページ | 一日が終わる »

2008年3月 9日 (日)

試みと恵み

礼拝に参加。大きな喜びをいただく。
聖書はヤコブの手紙一章12節から18節とマタイによる福音書四章1節から11節。
試練は主から与えられるもの、それを荒野のイエスを試みた悪魔のようにこの世の力にすがって取り除こうとすることは主の御心にそぐわない。
試練(これは誘惑と同じ原語)には神様の御心がある。だから信仰に留まることを主は欲しておられる。病に会うともう信仰を持っていても無力だと思う誘惑に駆られるが、主を信じ、この困難を通して与えられている試練を耐えて、良い贈り物、完全な賜物、命の冠をいただく者となろう。

1:12 試練を耐え忍ぶ人は幸いです。その人は適格者と認められ、神を愛する人々に約束された命の冠をいただくからです。
1:17 良い贈り物、完全な賜物はみな、上から、光の源である御父から来るのです。御父には、移り変わりも、天体の動きにつれて生ずる陰もありません。
1:18 御父は、御心のままに、真理の言葉によってわたしたちを生んでくださいました。それは、わたしたちを、いわば造られたものの初穂となさるためです。

|

« 泣くな、chacchan | トップページ | 一日が終わる »

「信仰」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 泣くな、chacchan | トップページ | 一日が終わる »