« こころみに会わせず | トップページ | 泣くな、chacchan »

2008年3月 6日 (木)

昨日のこと

姉と面会に行く。左目の上にいつものように濡れタオルを乗せていた。光がまぶしいのだという。微熱もある。
痛みはそう強くなく、ペースト状の痛み止めを使う頻度は減っている。ご飯は全部食べるとのこと。味にうるさい人だからおかずは気に入らないと食べないらしい。
相変わらずベッドの上の生活だけ。本を見るわけでもなく、日記もかけない。もっぱらラジオだけに頼る日々だ。家にいれば常に動き回っていたのにもう一か月、ベッドの上だけの日を送っている。どんなにかつらいことだろう。
内科の診察が終わらないと治療方針が定まらないとのこと。夜に面会した息子の話では明日は腎臓の検査、その後には脳のMRI検査が予定されたという。腎臓検査は抗がん剤に耐えられるかどうかを見るためだから分かるが、脳のMRIは不気味だ。悪い結果は考えたくないが転移の有無を見るためだろう。
洗濯物を受け取り、ふりかけと電池を持ってくることを約束して帰ってきた。

|

« こころみに会わせず | トップページ | 泣くな、chacchan »

医療」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« こころみに会わせず | トップページ | 泣くな、chacchan »