« HPを更新 | トップページ | 再度の転院 »

2008年2月28日 (木)

よい子どもたち

娘がやってきた。お昼の寿司とサラダを持ってやってきた。お茶を入れ、一緒にいただいて、洗濯物を持って病院に行く。
今しがた教会の三人の姉妹が帰ったところだと妻が言う。カーテンを閉じて娘は妻の体の世話をした。ごく自然にやっている。
長男が仕事の合間にやって来たので約束してある医師との面会を行う。
放射線の効果が出てきたようで痛みがやわらぎましたねと医師が切り出した。放射線は29日で10回になるのでここで打ち切りにするという。これ以上照射すると臓器に悪影響が出るのだそうだ。がん細胞のDNAを破壊し効果をもたらしたとも言った。今後は抗がん剤で腫瘍の治療を行い、同時に転移を防ぐことになるでしょうが、それは前の病院で担当医と相談してくださいとやわらかい声で遠慮がちに話してくれた。
29日、朝一番で当日の照射をすること、以前の病院に再度入院することの連絡をいれることを約束して医師と別れた。
病室には教会のT夫妻が二度目の面会に来てくださっていた。庭に咲いた沈丁花の枝と小さな花瓶を用意して。
妻と29日に長男の車で移動すること、その日に着用するズボンと下着を明日持ってくることを約束して家に向かう。
夜になって次男、三男から電話が入る。娘からも今帰ったよとメールが届いた。「来てくれ、ありがとうね。お母ちゃんもうれしかったと思うよ。」と返事を書く。
子どもたちが皆母を心配して気遣ってくれている。よい子どもたちを持っていることを実感する。

|

« HPを更新 | トップページ | 再度の転院 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« HPを更新 | トップページ | 再度の転院 »