« ぼたん付け | トップページ | 礼拝 »

2008年2月21日 (木)

共にいるだけでいい

一人で昼食をとってパソコンに向かっている。電話で姉と話しただけで今日はまだ人と話してもいない。
昨日姉と病院を訪ねた。痛み止めの薬がまた増えたと言っていた。面会中に膀胱炎の検査のために採尿をさせられたり、初めてだというが体を拭いてもらったりしていた。だが放射線の効果はまったく分からない。
長い入院と痛みで明るさが消えているように見える。小声でよくしゃべるのだが力がないのだ。
2時間ほど傍にいて帰ってきた。
一人になると二人でいるときの充足感が懐かしい。何もなくても、何をしてもらわなくても二人でいることがどんなに素晴らしいことかを今痛感する。

|

« ぼたん付け | トップページ | 礼拝 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

心の中をすっきりできればと思いメールしました。
神様の存在について
この広大な宇宙や人類、すべての存在があるのは、神様の存在があればこそのものです。
人間は、魂と肉体を授かった「神の子」です。
欲望や願いが強くなり、自分勝手で多くを望みエゴの塊になって戦争まで。
親である神様の大切な愛を忘れるのでしょうか。
植物、動物のお陰で食し、恵みをもたらす太陽や月が規則正しい日があるから安心して生きてます。
大切なことは・・・
対象を外に求めるのではなく、自身の内なる魂へ向けて、そのように思う心で神様との対話をして下さい。神様は親ですから、心の中はお見通しです。
どんな時でも聞いてもらえます。心の中で神様に感謝することが大事です。お返事がなくても暖かい気持ちになれると思います。
「ありがとうございます」は、最高の言葉です。
「釈迦クラブ」 http://git.dyndns.tv/ というサイトをぜひご覧下さい。

あなたが神様の愛に目覚めたのならば、たくさんの方にも伝えていただければと思います。

投稿: きらきら | 2008年2月25日 (月) 17時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ぼたん付け | トップページ | 礼拝 »