« 妻の入院 | トップページ | 医師の呼び出し »

2008年2月 6日 (水)

主よ、慰めを

昨晩医師から癌の疑いを示唆された。CT画像の上での判断である。言葉がない。
  
ヨブ記を読む。
1:1 ウツの地にヨブという人がいた。無垢な正しい人で、神を畏れ、悪を避けて生きていた。
1:9 サタンは答えた。「ヨブが、利益もないのに神を敬うでしょうか。」
ヨブは牛、ろばを略奪され、牧童を殺される。
羊も羊飼いも焼け死んでしまう。
子息、息女は死む。
1:20 ヨブは立ち上がり、衣を裂き、髪をそり落とし、地にひれ伏して言った。
1:21 「わたしは裸で母の胎を出た。裸でそこに帰ろう。主は与え、主は奪う。主の御名はほめたたえられよ。」

|

« 妻の入院 | トップページ | 医師の呼び出し »

「信仰」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 妻の入院 | トップページ | 医師の呼び出し »