« ロバのようにゆっくりと | トップページ | 妻の旅立ち »

2007年11月25日 (日)

礼拝司会者の祈り

 恵に富みたもう主なる神様。
 あなたは今朝もこうして私たちを教会に招いてくださいました。ありがとうございます。
 今から、私たちはこの体と心をあなたに向け、上を向いてあなたを賛美し、あなたの御心を求めて礼拝を捧げます。
 あなたに大きな御手で触れていただきたいと願う私たちを受け入れてください。
 どうぞここにあなたが聖霊をもって臨んでくださいますように。
 私たちは一昨日本庄教会バザーを開催しました。私たちの力は弱く、業は十分ではありませんが、しかし、私たちは祈りをもってバザーを始め、またあなたへの感謝を捧げてバザーを終わりました。
 どうぞこの業があなたに祝されますように。そして、本庄というこの地にあるあなたの家が人々に知られ、あなたの喜びのメッセージを取り次ぐ場所として用いられますように。
 どうぞ私たちの持つもの、行うことすべてがあなたからの頂き物であることを覚えいつも己を誇らず、あなたに栄光を帰することができますように。
 最後にここに共に集うことがかなわない兄弟姉妹のことを覚えて祈ります。体や心に痛みを負い、不安の中にいる友に安らぎをお与えください。一人で過ごす人に友を与えてください。私たちをその友の一人に取り上げてください。いろいろな差しさわりで今日の礼拝に来られない人をどうぞ神様が訪ねてくださいますように。
 あなたの御心を取り次ぐ先生を力づけ、聖霊で満たしてください。

 これらの感謝、祈り、願いをわたしたちの主イエス・キリストのお名前によって御前に捧げます。 アーメン

|

« ロバのようにゆっくりと | トップページ | 妻の旅立ち »

「信仰」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ロバのようにゆっくりと | トップページ | 妻の旅立ち »