« 奉仕 | トップページ | 資料探し »

2007年10月31日 (水)

異なる視線

風呂に入るとき私は床に座ってきものを脱ぐ。だから自ずと視線は低い位置からのものになる。

先日ふと見ると洗面台の蛇口が黒くなっていた。蛇口はシャワー用のものだからお椀のような形になっている。したがって普段使っている立ったままの姿勢ではそれに気づくことはない。家族が気がつかなかったのも無理もないことであった。翌日 家内に頼んで磨いてもらったら少しはキレイになった。

私のように床に座らないと衣服さえ脱げないものがいるからこそこんなことにも目がいく。同様なことは社会にもたくさんあることだろう。いろいろな人がいてよいし、いなければならないゆえんである。

|

« 奉仕 | トップページ | 資料探し »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 奉仕 | トップページ | 資料探し »