« 主にある幸せ | トップページ | 地に平和を »

2007年10月25日 (木)

愛車の話

午後三時過ぎである。日が傾いて、ディスプレーにも当たるようになった。もうじきハルちゃんが帰ってくる。そうしたら駅まで送っていこう。その後トリセンに行ってお刺身を買うとか家内が言っていたからそちらにも回らねばならない。
こうして車はわたしと家族を取り持つ役をしている。
これは今始まったことではない。就職して二年めごろ車を手に入れたときからのことだ。妻との生活にも子育てにも車は欠かせないものになってきた。
そこで今日はそのことを車の立場になってエッセイを書いてみた。妻が美容院に行って留守だったので音声入力がはかどり大方仕上がった。来月には発表しようと思う。

|

« 主にある幸せ | トップページ | 地に平和を »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 主にある幸せ | トップページ | 地に平和を »