« 花田春兆さん | トップページ | 更新 »

2007年9月17日 (月)

敬老の日

先日、小学2年生のヒカちゃんが「少し敬老の日には早いんだけどこれあげる」と言って2個丸いものが入った透明の袋を差し出した。袋の口は紅い色紙で閉じてある。
「児童館で作った入浴剤だよ」と付け足した。硼酸と香料、蜂蜜を使って作ったのだそうだ。
2年生にしては大人びた言い方がおかしかった。いつも児童館ですごし、夜の母親の会議にも付いていくのでこんなことばも覚えるのかもしれなかった。
「ありがとう。これ、夜お風呂に入れるね」。私は喜んで受け取った。
昨夜、開けてみると、白いごつごつした丸い団子のようなものが入っていた。セロファン紙に包まれ、巾着のように綴じた口にはモールが巻かれていた。
風呂に入れるとぶくぶくと泡を出して解けていった。
 
 孫作る入浴剤や敬老日

|

« 花田春兆さん | トップページ | 更新 »

「俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 花田春兆さん | トップページ | 更新 »