« マッサージ器をいただく | トップページ | 団子と栗と外国の菓子 »

2007年9月26日 (水)

人の親切

教会に福祉施設の運営に携わっている方がいる。その施設では入所者が作業の一環としてアルミ缶をつぶす活動をしているので教会の人たちは家庭からビールの缶などを持ってきてはその方にお渡ししている。
今日は祈りの会があった。妻は息子が飲んだビール缶を袋いっぱい持っていった。だが、持ち物はそれが主ではない。自分の聖書、賛美歌、私の鞄なども持たねばならない。他に洗濯した教会の洗面所のタオルもかなりあった。
教会に着いたとき、祈りの会に参加する一人の姉妹が自転車でやって来た。そして、両手にいっぱいの荷物を抱えている妻に向かって「お持ちします」と援助の手を差し出してくださった。だが、妻は「大丈夫」と言ってせっかくの申し出を断ったのだった。
これはいつもの妻の姿勢である。「ありがとう」と言って人の親切をいただくことをしないのである。
この頑固さでいくつもの難局を乗り切って生きてきたとはいえ、場面によってはもう少し素直になればいいのにと思いつつ私は彼女の行為を見ている。

|

« マッサージ器をいただく | トップページ | 団子と栗と外国の菓子 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マッサージ器をいただく | トップページ | 団子と栗と外国の菓子 »