« 古いノートから 「派遣される者」 | トップページ | 礼拝司会者の祈り »

2007年9月22日 (土)

運動会

かすかに昔の思い出につながるものが残る小学校で孫の運動会があった。使われなくなった石の柱の校門、裏の神社の木立、それは60年前と同じである。
だが、会場風景はすっかり変っていた。公のものかと勘違いするような大きなテントがあちこちに張られ、小さなものもまで含めると運動場はあたかもビーチの如くであった。
そのうえ、前日からトラックの周囲は陣取りのテープがはられ、自由に観戦する場所探しが難しい状況だ。
その中で子どもたちが無心にピストルがなるたびに元気にスタートを繰り返していた。家の孫のヒカちゃんは夕べから興奮気味だったがこれは他のお子さんも同じだろう。それぞれに緊張した顔で走っていた。
しばらくぶりで300ミリ望遠レンズをつけてヒカちゃんを狙ったのだが、同じ服装になるとヒカちゃんを捉えるのは難しかった。
お姉ちゃんの借り物競争を見て早々に帰ってきた。最近めったに外に出ない身で、猛暑の中にとどまるのは耐えられなかったのである。
ともあれ、競技会はいつの世でも人の心を惹きつけるものだ。

|

« 古いノートから 「派遣される者」 | トップページ | 礼拝司会者の祈り »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 古いノートから 「派遣される者」 | トップページ | 礼拝司会者の祈り »