« 見舞い | トップページ | かたばみ句会 9月例会 »

2007年9月 6日 (木)

胸の柄

私のシャツの胸には黄色の縞模様の柄がついている。もともとあったものではなく、いつの間にか胸やお腹のところにうっすらと浮き出てくるのだ。下着だけだといいのだが、Yシャツについたりすると喜んではいられない。
理由を種明かしすると、これは食べこぼしのしみなのである。
注意力がなくなったことによるのだろうが食事の際、パンに載せたブルーベリージャムをこぼしたり、トマトを口に入れそこなったりすることが以前より多くなった気がする。
体を前倒しにして食べればたとえこぼしてもテーブルの上に落ちるのだが、腰が悪いと前傾姿勢はとりにくい。椅子に寄りかかってお腹を出す姿勢だから、落ちるものは胸やお腹に載ってしまうことになる。そうするとそこに見事な模様ができてしまうのである。
これも加齢の勲章であろうか。

|

« 見舞い | トップページ | かたばみ句会 9月例会 »

「障害のある生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 見舞い | トップページ | かたばみ句会 9月例会 »