« 行ってくるね、ライアン! | トップページ | 見舞い »

2007年9月 2日 (日)

ゆだねる

今朝、世界陸上の女子マラソンがあった。土佐選手が三位に入り、北京オリンピックの候補選手に内定した。マラソンは長い距離を自己コントロールしながら苦しみに耐えてがんばらねばならない。それだけに見るものには感動を与える。
 
今朝の説教は「忍耐強く走りぬく」だった。ヘブライ人への手紙12章2節には「信仰の創始者また完成者であるイエス」という言葉がある。信仰の道程は自分が始めるものでもなく、また今朝のマラソンのように自分のがんばりで締めくくるものでもない。私たちは恵によって神にこの歩みを始めさせたいただき、選ばれて道を歩き続けているのだ。神はゴールで冠を用意して待っておられる。だから与えられた道を安心して進もう。
  
90歳になるS姉妹をホームに送ってから帰ってきた。姉妹は「年をとると神様に近いというだけありがたいのよ」とおっしゃって車に乗ってくださった。

|

« 行ってくるね、ライアン! | トップページ | 見舞い »

「信仰」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 行ってくるね、ライアン! | トップページ | 見舞い »