« 切符の購入 | トップページ | 第三回かたばみ句会 »

2007年6月 6日 (水)

弱い心を支えるもの

祈りの会に出席。今、コリントの信徒への手紙Ⅱを学んでいる。

この書簡はパウロがコリントの教会との関係で苦しみにあっている時に書かれている。今朝学んだ箇所6章にはこうある。

「大いなる忍耐をもって、苦難、欠乏、行き詰まり、鞭打ち、監禁、暴動、労苦、不眠、飢餓においても、純真、知識、寛容、親切、聖霊、偽りのない愛、真理の言葉、神の力によってそうしています。左右の手に義の武器を持ち、栄誉を受けるときも、辱めを受けるときも、悪評を浴びるときも、好評を博するときにもそうしているのです。わたしたちは人を欺いているようでいて、誠実であり、人に知られていないようでいて、よく知られ、死にかかっているようで、このように生きており、罰せられているようで、殺されてはおらず、 悲しんでいるようで、常に喜び、物乞いのようで、多くの人を富ませ、無一物のようで、すべてのものを所有しています。」

また12章には「すると主は、『わたしの恵みはあなたに十分である。力は弱さの中でこそ十分に発揮されるのだ』と言われました。だから、キリストの力がわたしの内に宿るように、むしろ大いに喜んで自分の弱さを誇りましょう。それゆえ、わたしは弱さ、侮辱、窮乏、迫害、そして行き詰まりの状態にあっても、キリストのために満足しています。なぜなら、わたしは弱いときにこそ強いからです。」と記されている。

パウロを支える神の聖霊はわたしたちの上にも臨んでいることを信じ、今日も生きたい。

|

« 切符の購入 | トップページ | 第三回かたばみ句会 »

「信仰」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 切符の購入 | トップページ | 第三回かたばみ句会 »