« こんにちは | トップページ | 俳句 »

2007年4月15日 (日)

復活が信じられない人へ

イエスの体が墓の中になかったとき女たちは悲しみました。そのとき主は復活してここにはおられないと告げたのは天使でした。
二人の弟子もイエスが十字架に死なれて、エマオという町に向かって歩きながら悲嘆にくれていました。でも二人の弟子は一緒に歩いている方(復活のイエス)から聖書を説き明かされて、パンをイエスからいただき、復活されたことを知り、喜びに満たされました。
イエスの復活を私たちは自分では信じられないのです。イエスの働きかけによって、聖書の教えによって、神の力によって復活は私たちに真実のものとなるのです。

|

« こんにちは | トップページ | 俳句 »

「信仰」カテゴリの記事

コメント

私は復活を信じているつもりです。復活を信じる事がクリスチャンの原点だと思うからです。私たちの教会でも今週はエマオ途上の説教でした。何度も聞いている箇所です。でも、本当の事を言えば、毎年イースターには自己嫌悪に陥るのです。ところが、この簡潔な文を読んで、すうっと心にしみる感じがしました。なるほど、こう考えたらよかったんですね。ありがとうございます。

投稿: midori | 2007年4月17日 (火) 08時31分

midoriさん、コメント、ありがとうございます。「復活を信じられない人へ」と題しましたが、これはわたしへの言葉でもありました。先日の礼拝説教で教えられたことを、そうなのだ、と思いつつ書いたのです。
ぶどうの木と枝、も同じような状況から生まれました。
信仰は恵み、この一点を忘れないようにしようと思っています。

投稿: chacchan | 2007年4月17日 (火) 15時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« こんにちは | トップページ | 俳句 »