« 友の便り | トップページ | 一人の男の生き方 »

2007年4月29日 (日)

同情

安倍首相がブッシュ大統領に会っていわゆる従軍慰安婦問題について、「人間として総理大臣として心から同情している。慰安婦の方々がそういう状況になったことに対して申し訳ない思いだ」と謝罪を表明したという。
この言葉はどこかヘンである。同情という言葉はここでつかう言葉ではない気がするのだ。日本が第三者ならいざ知らず、当事者なのだから、お詫びすると言うべきだろう。
「そういう状況になった」と言う表現もおかしい。
日本の指導者は朝鮮や中国に心からの謝罪をする気持ちがないように見える。その人たちの憲法改正、教育再生論議はよほど注意して聞かねばならない。

|

« 友の便り | トップページ | 一人の男の生き方 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 友の便り | トップページ | 一人の男の生き方 »