« 一点句 | トップページ | 復活のよろこび »

2007年4月 7日 (土)

廊下の壁

07040717img_0426 廊下の壁がにぎやかになった。ネコの版画、点字についての研究発表、大きな木の枝にブランコが下がり子どもたちが乗っている絵、それに私の水彩画などが並んで貼ってあるからだ。孫たちがいつの間にか自分の作品を飾っている。学校の廊下のようだ。

わたしもこれを歓迎している。家が絵でいっぱいになればいいと思っている。もう玄関には三枚の絵があるし、リビングにも同じ数の額がかかっている。

私が絵や写真をあちこちに貼ったり、掲げたりするので孫も遠慮しないで同じことをするのだろう。

在職中、上手でもない字で子供たちの俳句を大書して廊下にいっぱい並べたことを思い出す。

登校した生徒が自分の作品を見つけてうれしそうに立ち止まっていた。

|

« 一点句 | トップページ | 復活のよろこび »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一点句 | トップページ | 復活のよろこび »