« 誕生日 | トップページ | ある機関紙から »

2007年3月 4日 (日)

主の体

レントの時。礼拝で聖餐に与る。パンを食する時、主の体の苦しみを体感する。己の体の不安が和らぐ思いさえする。
  
感謝の祈り
慈愛の神、あなたは限りなき憐れみをもって私たちを招き、主の晩餐に与らせてくださいました。深く感謝いたします。
あなたはこれによって御子イエス・キリストの贖いの恵みを私たちの上に確かめ、私たちの罪を赦し、けがれを清め、とこしえの命を与え、御国の世つぎとしての望みを堅くしてくださいました。
いま、聖霊の助けにより感謝を持ってこの体を生きた聖なる供え物として御前に捧げます。私たち、主の体のえだである自覚がいよいよ深くなり、ますます励んで主に仕えることができますように。また、キリストの復活の力を知り、その苦しみに与り、折を得ても得なくても、御言葉を宣べ伝えることができますように。
主よ、常に恵みと祝福とを私たちに満たしめ、終わりの日までその平安のうちを歩ませてください。
主イエス・キリストの御名によって祈ります。

|

« 誕生日 | トップページ | ある機関紙から »

「信仰」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 誕生日 | トップページ | ある機関紙から »