« すばらしい憲法草案があった | トップページ | 同じ地平 »

2007年2月12日 (月)

耳鳴

妻が耳鳴で困っている。昼間も鳴っているようだが夜になると余計に気になるという。ベッドで横になっているとき、あっ、止った、また鳴り出したといつも言う。入れ歯が合わないのかなあと言ってみたり、どこから出てくるのかとあごや顔のあちこちを触ってみたり、枕の位置を代えてみたりしているがどれも効果ないらしい。
わたしもなんとか耳鳴を理解しようとしてインターネットで検索してみたが、耳鳴の原因はあまりにも多岐にわたるらしいし、治療法も確立していないらしく、彼女に適切なことを言ってやれない。
だからもっぱら訴えを聞くことに心している。最近こちらの言うことに返事が帰ってこないこともあるのだが、そんな時、先日まではまた聞き逃したなと思っていたが、実は耳鳴のために周囲への注意がそがれていたのだ。
苦しみに対応してあげられないのは申し訳ないが、たびたび発するぐちをそばにいて受け入れることで勘弁してもらおう。

|

« すばらしい憲法草案があった | トップページ | 同じ地平 »

「心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136400/13885175

この記事へのトラックバック一覧です: 耳鳴:

« すばらしい憲法草案があった | トップページ | 同じ地平 »