« ブンブンごま | トップページ | 千の風になって »

2007年2月25日 (日)

信仰の更新

レントに入った。主の苦しみを信仰的に理解し、その恵みをいただくときである。今日の礼拝ではこの時はまた信仰の吟味をするとき、更新のときだと教わった。
ローマの信徒への手紙4章3節には「聖書には何と書いてありますか。『アブラハムは神を信じた。それが、彼の義と認められた』とあります。」とある。わたしたちも己の義によって救われたのではなく、神を信じることのよって召されたのである。レントの時、もう一度神の愛を思い、感謝し、特に十字架の愛を覚えなくてはならない。

|

« ブンブンごま | トップページ | 千の風になって »

「信仰」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ブンブンごま | トップページ | 千の風になって »