« 父と鶯 | トップページ | 信仰の更新 »

2007年2月24日 (土)

ブンブンごま

Koma 「じいちゃん、ブンブンごま。」と言ってヒカちゃんが飛んできた。児童館でブンブン独楽を作ってきたらしい。早速私の前で回して見せた。しかし、糸の上でふらふらするだけで回っているとはいえない。「ほら、きれいでしょ」と円い紙にクレヨンで書いた模様も見せる。「じいちゃんに貸してごらん」とわたしがやってみると少しの間だが回転して音を立てた。「わー、すごい。じいちゃんは児童館でも一番だよ。そんなに回る人はいないよ」ヒカちゃんはびっくりした。

どうも糸を通す穴の間隔が空き過ぎているようだ。わたしは妻に言ってボタンと糸を持ってきてもらった。重そうなボタンを選び、糸を通してくるくる回し、両方に引っ張ったが回転がつかない。昔指が痛いほどに勢いよく回せた誇りみたいなものが崩れていく。糸を代えたり、ボタンを交換してやっているうちに、糸の持ち方が悪いことに気づいた。あまり二本の糸の間隔をあけてはいけないのだ。糸に撚りがつかいからである。

勘を取り戻すとボタンは唸り音を立てていつまでも回った。ヒカちゃんもやると言うのでわたしは膝に抱っこして後ろから両手を広げたり狭めたりして教えてあげた。

昔を思い出す楽しいひと時であった。

|

« 父と鶯 | トップページ | 信仰の更新 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 父と鶯 | トップページ | 信仰の更新 »