« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月

2007年2月27日 (火)

千の風になって

「千の風になって」が多くの人を慰め、生きる力を与えているという。大事な娘を失った両親が悲しみの中から立ち直って新しく生きる姿や父親を交通事故で亡くした子供とお母さんがこの歌でお父さん(主人)はいつも身近にいてくれているのだと感じることができるようになったという話を昨夜のテレビは紹介していた。
この歌の歌詞にはこういう表現がある。
  
私のお墓の前で 泣かないでください/そこに私はいません 眠ってなんかいません
千の風に/千の風になって/あの大きな空を/吹き渡っています
秋には光になって 畑にふりそそぐ/冬はダイヤのように きらめく雪になる
朝は鳥になって あなたを目覚めさせる/夜は星になって あなたを見守る
千の風になって/あの大きな空を/吹き渡っています
 
亡くなった人が風になって、光になって、雪になって、また鳥になり星になって、共に生活していた人たちに寄り添い、見守り、生き続けているというのだ。
消えたと思っていた最愛の人が生まれ変わってそばにいてくれる、これはなんとうれしいことだろう。
そこでふと思うのはキリストにある信仰はもっと豊かな、確かな、大きな慰めではないのかということである。主を信じる生活は「千の風になって」にもまして私たちの生活に寄り添うことであるはずである。ところがキリスト者はこの喜びを「千の風になって」を聞いた人のように語らない。
どこか信仰の姿がおかしい、そんな気がするのである。

| | コメント (1)

2007年2月25日 (日)

信仰の更新

レントに入った。主の苦しみを信仰的に理解し、その恵みをいただくときである。今日の礼拝ではこの時はまた信仰の吟味をするとき、更新のときだと教わった。
ローマの信徒への手紙4章3節には「聖書には何と書いてありますか。『アブラハムは神を信じた。それが、彼の義と認められた』とあります。」とある。わたしたちも己の義によって救われたのではなく、神を信じることのよって召されたのである。レントの時、もう一度神の愛を思い、感謝し、特に十字架の愛を覚えなくてはならない。

| | コメント (0)

2007年2月24日 (土)

ブンブンごま

Koma 「じいちゃん、ブンブンごま。」と言ってヒカちゃんが飛んできた。児童館でブンブン独楽を作ってきたらしい。早速私の前で回して見せた。しかし、糸の上でふらふらするだけで回っているとはいえない。「ほら、きれいでしょ」と円い紙にクレヨンで書いた模様も見せる。「じいちゃんに貸してごらん」とわたしがやってみると少しの間だが回転して音を立てた。「わー、すごい。じいちゃんは児童館でも一番だよ。そんなに回る人はいないよ」ヒカちゃんはびっくりした。

どうも糸を通す穴の間隔が空き過ぎているようだ。わたしは妻に言ってボタンと糸を持ってきてもらった。重そうなボタンを選び、糸を通してくるくる回し、両方に引っ張ったが回転がつかない。昔指が痛いほどに勢いよく回せた誇りみたいなものが崩れていく。糸を代えたり、ボタンを交換してやっているうちに、糸の持ち方が悪いことに気づいた。あまり二本の糸の間隔をあけてはいけないのだ。糸に撚りがつかいからである。

勘を取り戻すとボタンは唸り音を立てていつまでも回った。ヒカちゃんもやると言うのでわたしは膝に抱っこして後ろから両手を広げたり狭めたりして教えてあげた。

昔を思い出す楽しいひと時であった。

| | コメント (0)

2007年2月22日 (木)

父と鶯

鶯をしゃがんで覗く野良着かな
鶯や水も光も籠の外
春一番膝掛け掴む車椅子
弛む腹撫でて膏薬冬ぬくし
讃美歌の途切れ途切れの初音かな

| | コメント (0)

よい交わり

一時間大勢の前に立つとことはいつものことだがやはり心配のことだった。最近の頻尿傾向がその理由である。だから講演を受ける時に万一の場合は休憩を入れてくださいと先生方にはお願いしていた。
終わってみるとやはり行ってよかった、講演を受けてよかったという思いがする。足元にストーブを用意していただいたので体が冷えることもなくトイレの恐れもなかった。「受け身で生きる」の当事者Oさんの言うように何かよいことがるという期待を持つことが生きるうえにいかに必要かを知らされたのだ。
先生方はわたしが入手できなかった新垣勉の歌う「わたしと小鳥と鈴と」のCDを用意し、給食時間に流してくれたという。そして帰りにはわたしにお菓子と手製の栞と一緒にそれをくださった。帰ってから聞くと新垣さんのテノールの落ち着いた声と背景の女性コーラスの優しさが見事に調和して「みんなちがって、みんないい。」と一人一人の存在をほめたたえていた。
生徒はこの歌やわたしの話のどこからかよいメッセージを受け止めてくれたことだろう。

| | コメント (0)

2007年2月21日 (水)

中学生に語る

☆K中学校に招かれて講演に行った。幸い暖かな日だったので体調もよくゆっくりと話すことができた。
☆演題は「障害を持つ人と共に生きよう」とした。だが障害を持つ人と共に生きるということはお互いの重荷を負い合って生きるということになるから、これは友達と共に生きるとか、家庭の老いた人、病を持つ人と共に生きることにも関係することになる。今日特に訴えたことは相手の重荷を背負って生きるとは自分が自分らしく生きることにつながるし、相手から贈り物をいただくことになるということだった。その意味では自分の悩み、悲しみを負って生きることで自分自身も自分らしくなると言える。
☆生徒にはこれほど抽象的に語りかけたわけではない。わたしが子供のときから大勢の人におんぶされたことに触れつつ、時には生徒に答えを求めながら話をつないだ。でもやはり中学生には掴みにくいことが多かったかもしれないと反省している。
☆前回うかがったときには体育館に行くには階段を車イスをかかえられて下ろしてもらわねばならなかったが今日はそこにスロープができていた。車いす用のトイレも備えられていた。車椅子を使う生徒が入学してきたからだとのことだった。実際にそこに当事者が居ることはなんと説得力のあることかと改めて思わされた。

| | コメント (0)

2007年2月20日 (火)

定型のよさ

今朝の朝日新聞「鶴見俊輔さんと語る」で鶴見さんと上野千鶴子さんの対談を読んだ。話題は多岐にわたっていたがこの中で上野さんがこう言っていたのに興味を持った。
「短歌、俳句といった短詩型は老いた人が自我を表現する補助具になるんじゃないでしょうか。定型であることが手助けになります。」
なるほどと感心する。長い文章を書く体力もなくなったとき、俳句ならばメモ用紙一枚と鉛筆があれば自己表現ができる。実際に先日のNHK全国俳句大会でも80歳、90歳の方が優秀賞に与り、家族と一緒に表彰式に来ていた。
定型であることが手助けになるという指摘もうなずける。塗り絵みたいなもので決められた枠に言葉を当てはめればいい。
かと言って俳句が簡単なものでないことは言うまでもない。だが、それは優劣を問題にした場合であって、上野さんが言うのは人間の本質的な尊さである、言葉による表現に俳句がいつまでも使えるということだろう。

| | コメント (0)

2007年2月19日 (月)

お元気?

お元気ですか。しばらく礼拝においでにならないので心配しています。
あまり無理をしなくてもいいですが、礼拝という原点に戻ってそこから生活を、自分を見直すのもいいかもしれませんね。
またお会いできるのを楽しみにしています。
  
心に重荷を持っている友がいる。精神的にゆれがあるようで、とても快活な時があるかと思えば、とろけるような状態になったりもする。仕事も忙しいらしく一人で飛び回らねばならない。信仰を持って間もないのだが、礼拝も欠席しがちである。
この友をいつも心に掛けている。だがどうしようもない。そこで今日は上掲のメールを送った。主が御手を伸ばしてくださるように。
  

| | コメント (0)

2007年2月18日 (日)

東京マラソン

3万人の参加者が東京の街中を走った。全員がスタートするのに20分もかかるマンモスマラソンである。あいにくスタート時は雨。その中、石原都知事のピストルで紙ふぶきの舞う都庁前を選手は走り出したのだった。
このマラソンはマスコミも大きく取り上げた。ボランティアの協力姿勢、参加する人たちの喜び、運営の規模、交通規制による生活への影響、コースにある観光名所等々を多角的に報じたのだ。
ただどのマスコミもこの第一回東京マラソンを肯定的、好意的に報じただけだったように見える。マラソンは他にもあるから今さら不要だとか、一日中交通を規制してまでやる必要はないとか、あるいは経費の問題などに疑問を挟むとか、そんな指摘は表立ってなかったようである。
わたしは何事にせよ世の中が一辺倒になることはあまりよくないと思っている。3万人がいっせいに同じ方向に走り出すことに象徴されるような、そしてそれを取り巻く人や町がこぞって応援するような、そんな姿にはどこか怖さを感じるのだ。簡単に走ってくる人を避けられない体だからかどうかは知らない。ともかくも大勢の力に恐怖感をもつのである。

| | コメント (0)

2007年2月15日 (木)

うれしや

インターネット上にもたくさん句会がある。その一つに参加し、見ず知らずの方と楽しい交わりをしている。
今回の兼題は「松過ぎ」だった。私は
松過ぎや妻と無言の時過ぎる
と投句した。そして今朝その結果が発表された。なんと四人から選ばれていた。その選評を紹介しよう。
☆帰省した子供たちがそれぞれの勤務地へ去ったあとの私達もそうだった。
☆や、シブい。シブイですね。阿吽の呼吸の夫婦ならではの無言のときなのか・・・。はたまた、倦怠期の会話Lessな夫婦なのか。なんともいえない、松過ぎのけだるい(?)空気が感じられます。
☆どんなに酷い喧嘩をした後でも、私には無言の時を過ごす事は不可能。お互いを知り尽くした熟年夫婦ならまだしも・・・。この場合まだ季語に救われてますね。
☆三が日は娘がいて騒がしかったが、松過ぎには妻と二人きり、本当に話すことはないのですよね。実感の句です。

◆ 難しい一句ですが、夫婦の子育ての想いや苦楽を感じました。不思議と幸せ感が漂ってきます。  
◆ 妻との静かな時間を句にする時、季語と「無言」以外、何の説明もしていない・言葉も使わないストレートな句作りに、かえって、夫婦のあり方や歴史が感じられるようで…。

よい交わりの場を得てうれしい。

| | コメント (0)

2007年2月14日 (水)

受け身に生きる

Oさんの講演を原稿で読んだ。リュウマチの後遺症で一人ではできないことがいっぱいあるOさんだが彼の生き方はすばらしい。
「神を愛する者たち、つまり、御計画に従って召された者たちには、万事が益となるように共に働くということを、わたしたちは知っています」。このローマの信徒への手紙8章28節に信頼を置いて生きていると彼は言う。
彼は飛行機で行かねばならない遠方でも講演を頼まれると即座に「はい、わたしでよければ」と引き受ける。与えられることを、きっといいことがある、と信じて一人ではできないトイレなどの心配を通り越して引き受けるのである。こうして彼は海外旅行もするし、地元でも障害者団体連絡協議会や相談支援事業の中心的役割を果たしているのだ。
これらはみな周囲から与えられたものであり、いわば受け身で背負った役である。自分がしているのではない、神様がしているのだと彼は思いがんばっていると言う。
受け身に生きる、ここに真の強さがあるのだろう。

| | コメント (0)

2007年2月13日 (火)

同じ地平

先日ALPのことを書いたとき、この問題はしばらく忘却の彼方に置くと付け加えた。しかし、現実にはそうはいかず、念頭を去らない。
調べてみるとALPは様々な原因で上昇するということだ。大別すると胆道系の原因と骨疾患に起因するものになる。胆道系としては、肝門部胆管がん、膵頭部がん、慢性肝炎、肝硬変、胆道感染その他があり、骨疾患系としては転移性骨腫瘍、骨折、骨軟化症などと関連があるとのこと
こういわれると先日の結果が無視できないようにも思われてくる。そして自分が弱弱しくなっていることに気づく。
ただこの状態になってふと分かったことがあった。それは朝の祈りでいつも病気の方の今日一日の平安を祈るときに、わたしは元気な、丈夫な者として病気の方を哀れんで祈っていたのではないかということである。安全な立場の者が苦しむ人に同情して祈っていたのではないかということである。
自分が弱い者になると今度は今までとは違って、弱っている人と同じ地平に立って祈ることができる、本当の理解者になれる、そんな気がするのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月12日 (月)

耳鳴

妻が耳鳴で困っている。昼間も鳴っているようだが夜になると余計に気になるという。ベッドで横になっているとき、あっ、止った、また鳴り出したといつも言う。入れ歯が合わないのかなあと言ってみたり、どこから出てくるのかとあごや顔のあちこちを触ってみたり、枕の位置を代えてみたりしているがどれも効果ないらしい。
わたしもなんとか耳鳴を理解しようとしてインターネットで検索してみたが、耳鳴の原因はあまりにも多岐にわたるらしいし、治療法も確立していないらしく、彼女に適切なことを言ってやれない。
だからもっぱら訴えを聞くことに心している。最近こちらの言うことに返事が帰ってこないこともあるのだが、そんな時、先日まではまた聞き逃したなと思っていたが、実は耳鳴のために周囲への注意がそがれていたのだ。
苦しみに対応してあげられないのは申し訳ないが、たびたび発するぐちをそばにいて受け入れることで勘弁してもらおう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月11日 (日)

すばらしい憲法草案があった

昨夜のNHKTVは希望を抱かせる番組を見せてくれた。一時間半の番組だったが見終わってわたしは血が清められる思いがしたのだった。
「焼け跡から生まれた憲法草案」がその番組名である。今国会では憲法の見直しが声高に叫ばれている。安倍内閣は目玉施策にしようとしているようにも見える。改定を主張する人たちを支えている考えは現憲法が日本人の中から生まれたものでなく、米国に与えられ、押し付けられたものであるということだ。
昨夜の放送はこの理解がまったく間違いであることを明確にした。終戦直後、まだ東京が廃墟にあるとき日本人の憲法学者やジャーナリストが国民主権、平和主義などを基本とした「憲法草案要綱」を創りだしたのだ。このメンバーの中には戦争中拘束されたり、職を追放された者がいた。そうした体験を新憲法に生かして草案を創ったのだ。これはGHQにも評価されていたという。
だが公式の憲法草案は天皇の権威を温存したものが作られ占領軍に提出されたため、GHQはこれに大幅に手を加え彼らの案を示したのだった。与えられたこの案はしかし「憲法草案要綱」の精神を取り込んでいたとのことだった。
こう書いても昨夜の感動はまったく伝えられない。NHKはもっと早い時間に放送し、多くの国民、とりわけ政治家に見せるべきだろう。

| | コメント (0)

2007年2月 9日 (金)

胃カメラ

肝臓内科受診。胃カメラを飲む。静脈の変化なし。十二指腸にただれ発見。薬処方される。
alpの高い数値が続く。肝生検を勧められたが決断つかず。CT所見にも問題なく医師もalpのHであることの理由を見出せない様子。学生時代に脚に入れた金属の影響か?
次回の検診までこの問題は忘却の彼方へ置く。

| | コメント (0)

2007年2月 7日 (水)

常盤台の踏切

昨夜東京・板橋区にある東武東上線常盤台駅脇の踏切で警察官が線路内に入った女性を助けようとして電車にはねられ重態になった。今朝の新聞やテレビはいっせいにこの事件を報じている。警察官には本当にお気の毒なことである。
警察官は駅に貼りつくようにして位置している交番に勤務していたという。もう30年も前になるが、息子が交通事故に逢い慌てて帰宅する途中、連絡のあった病院の所在地を教えてもらったのもこの交番だった。だから今度の事故は私には身近な出来事のように思えてならないのだ。
この踏切は朝は開かずの踏切である。しかし、午前7時46分には2分ほどの間開く。私は仕事に行くためにその時間を狙っていつも出勤したものである。踏切に行く少し前には古書店が狭い間口を道に向けていたし、焼き鳥屋の臭いもしていた。
今回の事件は開かずの踏切だったから起こったわけではない。女性が警察官の制止を聞かずに線路に入ったのを助けようとした、とマスコミは伝えている。懐かしい、思い出の場所で悲しいことが起こってしまって残念である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 6日 (火)

病院で

泌尿器科の診察の日だった。待合室で山並みを眺めたり、手前を走る新幹線をぼんやりと見つめていると窓際に坐った男性二人の会話が耳に入ってきた。一人は前立腺癌にかかっているらしかった。しかし八十歳を過ぎているので手術はできずに、ホルモン注射で治療しているとのこと。そして、「癌で死ぬかどうかは分からないですね。男性の寿命は八十歳前後だから寿命が来て死ぬことのほうが多いでしょうね」と静かに、穏やかに相手の方に語りかけていた。
聞く小柄な男性もそのお顔にふさわしい帽子を被って、うなずきながら応じていたがおもむろに「何かの病気がないと死ねないからね。病気があってもいいんですな」と話を引き取った。
看護師がカルテを待合室の人に渡すために診察室からたびたび出てきては消える中、隅の椅子で二人の会話は静かに続いていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 5日 (月)

去った友

中学時代の友とはめったに会うことがないのだが、一人だけいつも会話を交わす友がいた。家のすぐ近くに住まいするMさんである。
時々入院をする奥さんをかばって一緒にゆっくりと散歩しているとき、顔を合わせるととりとめもないことを私は彼と話した。その昔、高等学校に行かずに大工の道を選んだ彼だったが、私が高校から入学を断られたとき、よく家に話しに来てくれたものだった。
少し前、彼が入院した時に同じ病院に通院していた私は帰りがけにちょっとした菓子を持って彼の部屋を訪ねたことがあった。彼はたいそう恐縮して、快気祝いには立派な箱詰めの食品を持参したのである。
最近のことだが、私が帰宅すると彼の玄関前に救急車が来ていた。奥さんがまた病気になったのだ。その後、一度は奥さんは家に戻られたが、しばらくして彼と一緒にどこかの施設に入ってしまった。これは近所の噂だからその居所は定かでない。
家には亡くなった息子の連れ合いと子ども3人がいるので奥さんを看護するには家よりも施設のほうがいいと彼は判断したのだろう。永年住み慣れた家を残して、彼は去って行った。なんとか居所を教えてもらって訪ねたいと思いつつもまだ果たしていない。

| | コメント (0)

2007年2月 3日 (土)

掃除は罰にふさわしいか

文部科学省が教育現場における体罰の基準を見直し、教育委員会に通知するという。「身体への侵害や肉体的な苦痛を与える体罰は行ってはならない」とはするものの、「騒いだ子供を教室外に出す」ことを容認したり、学習課題や掃除当番を課したりすることは体罰にはあたらないと明記するのだそうだ。

体罰の可否はここでは問わないこととして、わたしは掃除当番が罰として現場で課されることに疑問を持つ。掃除はそういう性質の作業だろうか。

先日テレビで新宿の街を早朝一人で掃除している青年が紹介されていた。街を美しくしたくて時には嫌がらせを受けながら毎朝やっていると通行人の中から手伝う人が出てきたり、温かい飲み物を持ってきてくれるおばちゃんが現れたりしたのだった。

また、鍵山秀三郎氏が率先している「掃除に学ぶ会」によって街中でも学校でも掃除が楽しい活動として人々の心を引きつけているのだ。

こうして掃除はネガティブな意味合いとしてではなく、掃除が人を拓くものとして社会に受け入れられているのである。それなのに学校でまた罰の一つとして取り上げられることには大きな疑問があると言えるだろう。

| | コメント (0)

2007年2月 2日 (金)

奥様を亡くされた友へ

主に御栄えのありますように。
暖冬とは言え朝晩は寒さが厳しく、体の調子も定まらないこのごろですがいかがお過ごしですか。
先日はお葉書をいただきながらなんらお返事を書きもせず本当に申し訳ありませんでした。書かねばならない、と思いつつも書くことができませんでした。いったい私に貴兄の悲しみが分かるのだろうか、お慰めする言葉があるのだろうか、そう自問しながら日々が過ぎでいたのです。
私は妻が肺がんで入院している間ひとりで家にいた経験があります。一か月もしない間でしたが夜などは寂しく、不安でたまりませんでした。その時高校時代の友が夜中でもいつでも電話してきていいよ、と言ってくれたことがどんなにか慰めになったでしょう。
帰ってくることが期待できる妻さえもこのような有様です。貴兄はもう二度とお会いできない遠くに奥様を送ってしまわれ、しかもあまりにも突然に、外からの強い力で奪われてしまったのですから貴兄のお気持ちは私の想像の限界を超えているに違いないのです。
私にできることは神様に貴兄とご家族の皆様を慰め、支えてくださいとお祈りすることだけです。神様のなさることは私たちには理解できないことが多いですが、しかし、神様はご存知でいらっしゃる、すべてのことをご計画の中に覚えておられる、私にそう心から信じる信仰をお与えくださいと祈るだけです。
牧師というお立場にはおられますが、どうぞ率直に感情を周囲の皆様に投げかけ、心安くお過ごしくださいますように。
教会の皆様が貴兄のよい支えとなってくださることを信じつつ。                    

| | コメント (0)

2007年2月 1日 (木)

準備で祝される

近くの中学校で生徒向けの講演を頼まれてその準備を始めた。人権教育の一環としての講演会だ。中学一年生だからあまり原理的なことを言っても仕方ない。なるべく生徒の心、いや体に揺さぶりをかけるような話がしたい。
先日テレビで新垣勉さんが金子みすず作詞「私と小鳥と鈴と」をしっかり歌っているのを見た。新垣さんはご存知のように全盲の障害を持っている。これはおもしろそうだ、早速インターネットで新垣さんを調べてみた。すると彼は「オンリー・ワンの人生を大切に」とよく呼びかけているのだそうだ。「ナンバー・ワンでなはくオンリー・ワン、ひとりひとりの輝きを持ったオンリーワンの人生を大切に」そう彼は言うのだ。金子みすずの歌の中にも「みんなちがって、みんないい」とうフレーズが出てくる。新垣さんの生き方によくマッチしているし、これは私の思うことでもある。
そうだ、講演のどこかでこの歌を流そう、わたしはこう決めた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »