« アドベントの日々 2 | トップページ | アドベントの日々 4 »

2006年12月 3日 (日)

アドベントの日々 3

家畜小屋の屋根をのせる。
 聖句 言(ことば)は肉となって、わたしたちの間に宿られた。(ヨハネによる福音書 1の14)06113010pa0_0032
  
 昨日はエズラ記からよいことばをいただいた。これにはゆりのきキリスト教会の牧師さんの助けがあってのことだ。エズラ記の理解を深めるためにホームページ検索をしたところこの教会に出会ったのである。教会堂もなく、ビルの2階の一室で礼拝を守っている教会らしいが説教は力に満ちていた。
 今日の聖句。山下さんの解説によると「宿る」とは「幕屋を張ること」だという。イスラエルの民は旅で幕屋を張って神と共にカナンへと進んだ。粗末な幕屋だがそこに神はおられたのだ。今ことばである神はイエスという肉の形をとってこの世に宿る時をわたしたちは迎えようとしている。

|

« アドベントの日々 2 | トップページ | アドベントの日々 4 »

「信仰」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アドベントの日々 2 | トップページ | アドベントの日々 4 »