« 鳥も仲間 | トップページ | 余裕を残す »

2006年11月 4日 (土)

午後のひととき

06110414pa0_0021_1  のんびりした日である。教会の清掃に行く妻を送り、その足で先日のカメラ店に行った。カメラケースを店員さんの助けを借りながら選び、サービス券で一割引で求め外に出た。あまり外出しないので足元がおぼつかない。
帰り、昼のパンを妻が買う。眠くなるようななか、紅茶で昼食。
一時して外に出る。菊の花があちこちに咲き出している。
 足元の菊に蛾が止っている。ポケットから携帯電話を取り出して写真を撮る。
  
 撮られるを待って飛び立つ菊の蝶
  
  
 Photo_11ついでにもう一言。掲載のパンジーの写真は娘が昨日送ってきたものだ。ベタンダが広いのでガーデニングをしようと思っているの、とことばが付いていた。娘が生まれたお祝いに区役所から送られた山茶花が庭に赤い花を開いたよ、と写真を送ったのに返事をくれたのだ。娘はもう一言、隣の鉢植えの木は入籍に入ったとき市役所でもらったものです、と付け加えていた。
 山茶花が32年元気で花を咲かせているようにこの小さな木も娘の生活に寄り添って大きくなって欲しいものである。
 

|

« 鳥も仲間 | トップページ | 余裕を残す »

「俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鳥も仲間 | トップページ | 余裕を残す »