« 記念会に寄せて | トップページ | 白内障と前立腺肥大 »

2006年11月18日 (土)

医師の判断

 昨日は一日がかりの通院だった。医師との面談は10分もないのだが待ち時間や採血、会計処理で3時間。それに通院が往復2時間。三ヶ月に一度の検査だから仕方ないとしてももう少し簡単に済めばありがたい。
 今回の主治医は前回の方と違って検査を多くする。今日はウイルス検査、胃カメラ検査、CT検査を予約するようにとのことでそのとおりにした。幸い前回の検査ではウイルスは発見されず、GOT、GPTともに基準内に納まっていた。
 それにしても前の医師はもう通院する必要もないと言っていたのに今度又こうして検査が多くなったのは同じデータでも医師によって判断が異なるということだろう。肝臓内科の医師が数人いるのだからミーティングをして所見を統一すればいいのに日本の医学会ではなかなかそうはいかないらしい。

|

« 記念会に寄せて | トップページ | 白内障と前立腺肥大 »

医療」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 記念会に寄せて | トップページ | 白内障と前立腺肥大 »