« 神こそ主 | トップページ | 生きるための費用 »

2006年10月16日 (月)

サルビアの花

 06101614pa0_0019スロープを下りきったところに紫色の花が咲いている。小さな、産毛がついた花だ。細い茎の先に幾つも連なって花弁が並んでいる。名もない草花かと思っていつもはその脇を素通りしていた。
 昨日の朝である。NHKの園芸の時間でその花が映し出された。サルビアを20年以上も世話をしているという女性が他のサルビアも紹介しながらその花の育て方を楽しそうに話していた。家の花もサルビアだそうで、Photo_8冬には根元の保温が大切だとのことだった。
  花の素性が分かったとたん家の花が急に身近なものになってきた。おかしなことだ。

 06101614pa0_0003このサルビアの先の駐車場を過ぎると小道があって松の木がこんもりと茂っている。これは私を慰めてくれる大切な場所である。なんの用がなくともぶらりと出かけてこの松を見て帰れば一つ大きなことをし たという思いが私の中には湧いてくる。

|

« 神こそ主 | トップページ | 生きるための費用 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

サルビアの花が、スロープを下りると迎えてくれるのですね。
かわいい笑顔なのですようね。(^^)

投稿: 昭雄 | 2006年10月17日 (火) 10時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 神こそ主 | トップページ | 生きるための費用 »