« 今日の句 | トップページ | スポーツに夢中 »

2006年10月22日 (日)

聖日の祈り

 恵みに富みたもう主なる神様。

 過ぐる週日を恵みのうちに過ごさせてくださりありがとうございました。

 そして、今日またこうしてあなたに連なる兄弟姉妹と交わりを許され、一緒にあなたを讃美し、御ことばに聞く時を与えられました。心から感謝いたします。

 神様、今朝は特に新潟県中越地震で災害を受けた友と教会を覚えて礼拝を御許に献げます。

 二年前に起きた地震は今なおそこに住む兄弟姉妹の上に大きな困難を背負わせています。それにもかかわらずわたしたちは毎日の生活に追われその兄弟姉妹のことを忘れ、己のことのみに集中して過ごしてきました。

 どうぞ苦しみの中にある人々を思う心をお与えください。もしも、自分たちは忘れられていってしまうという恐怖、忘れ去られてしまったという悲しみを抱いている友がいたら、その方の上にあなたが留まってください。

 どうぞわたしたちを友の苦しみ、悩み、悲しみを一緒に背負う人としてください。

 そして、この世があなたの御支配の下にあることを心から信じ、勇気を持って交わりの業をなさしめてください。

 今から御言葉をいただきます。取り次ぐ先生を聖霊で満たし、語る力を与えてください。この場に集えない人々にも恵みをお与えください。

 これらの祈りと感謝、わたしたちの救い主、復活の主イエス・キリストのお名前によって御前に捧げます。 アーメン

|

« 今日の句 | トップページ | スポーツに夢中 »

「信仰」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日の句 | トップページ | スポーツに夢中 »